COLUMNコラム

野外で学ぶ新入社員研修 – 料金と費用

2019.06.24

 ”野外での新入社員研修を実施したいのですが、総額いくらかかりますか?”

 この質問は、はじめて野外での新入社員研修をお考えの研修担当者さまからいただく代表的な質問の1つです。このページをご覧頂いているあなたがもし、野外での新入社員研修を検討されているのであれば、同じ疑問を持たれているかもしれません。

 そこで、この記事ではあなたが必要な予算について概算できるよう野外での新入社員研修を実施するに辺り必要な「研修料金」と「その他かかる費用」について、なるべく具体的にお伝えできればと思います。

※一般的に野外での新入社員研修は、キャンプやアウトドア研修などの自然体験を中心としたものと、プロジェクトアドベンチャーという人材開発専門施設を利用した研修(通称:アドベンチャー研修)の2種類あります。この記事では、後者の価格について言及していますのでご注意下さい。

野外で学ぶ新入社員研修 – 料金と費用

1. 研修サービス基本料金
2. ファシリテーター費用
3. 各種オプションサービス料金
4. その他、かかる費用(宿泊費・交通費の目安)

1. 研修サービス基本料金

 まず最初にあなたにお伝えしたいことは、野外での新入社員研修を提供している企業のうち自社で施設を保有して研修を実施しているのは、そのうちのごく一部の企業のみだということです。そのため、提携先の施設を利用して新入社員研修を行っている企業へ依頼する場合は基本料金がより高くなる可能性があるので注意して下さい。

 それでは、研修サービス料金についてです。

 一般的に、野外での新入社員研修の料金は参加人数によって異なりますが、通常1人辺り25,000円〜40,000円/日です。最低実施可能人数は8名〜がほとんどで、この料金の中に保険代、研修サービス料、施設使用料、プログラム設計料が多くの場合、含まれています。

 また、参考までですが、野外での新入社員研修を実施する企業の多くは、確保できる研修日数にも寄りますが、2〜3日間で実施するケースがほとんどです。そのため、はじめての実施の場合は、研修のプランニングについては事業社側へ必ず相談するといいと思います。(基本的に無料で対応してくれます。)

2. ファシリテーター費用

 野外での新入社員研修の場合、研修基本料の他に多くの場合、必要となるのがファシリテーター費用(講師料)です。

 これは意外と見落とされがちですが、野外で研修を行う場合、研修の質を左右する最も重要な点はファシリテーターです。そのため、実績のあるファシリテーターが講師を担当する施設の場合、別途、ファシリテーター費用が必要となる場合があります。

 ファシリテーター費用は基本的に講師によってバラバラで、1回の研修でだいたい10万円〜50万円程度と講師の実績をもとに大きく差があります。

 このファシリテーター費用については、施設よってバラバラなため基本料金に含まれる施設もありますが、安いからといって安易に決めるのはオススメ致しません。なぜなら、野外で行う研修の場合、実力の乏しいファシリテーターが研修を行うと、「楽しかったけれど、何を学べたかよくわからなかった・・・」と、楽しかった思い出のみを持ち帰る結果になりかねないからです。

 話が少し脱線しますが、ファシリテーターの判断基準において重要な1つの視点をお伝えすると、プロフィール欄にビジネス界での実績があるかどうかが大切です。

 野外での研修のファシリテーターの多くは、野外研修のトレーナーとしての経歴はあるものの、ビジネス界での実績がない人も少なくありません。野外研修の場合、体験をベースに学習を進めていくため、どうしても野外での体験を新入社員にリアリティを持って伝える必要があります。

 そのため、ビジネス界での現場経験・実績が必要不可欠なのです。

 したがって、ビジネス界での実績が薄い講師の場合、どうしても新入社員の学びが抽象的になりやすく、研修効果が薄くなるため注意が必要になります。

3. 各種オプションサービス料金


 上記が基本的に必要となる研修料金の主な費用感となります。上記とは別にオプションサービスとして、以下のサービスを受けられる会社もあるので参考までにお伝えします。

◯新入社員研修のテーマに沿ったプログラム構築・・・無料

◯研修で使用するパワーポイントの内容等、企業独自の表現に変更・・・無料

◯新入社員フォローアップ研修・・・研修サービス料金と同額もしくは講師料のみ

◯新入社員アセスメント評価・・・3000円~5,000円/人
(評価内容は企業によって異なります。弊社ではリーダーシップ性を始めとした能力評価、人間性評価、職務特性評価が可能です。)

◯研修報告レポート作成代行・・・10万円〜30万円
(研修日数や内容によって異なります。弊社でも承っております。)

※上記はあくまで参考です。企業によっては大きく差がある場合がありますのでご了承下さい。

4. その他、かかる費用(宿泊費・交通費の目安)


 さて、上記の内容までが、実際に研修会社へ支払う主な費用の参考となります。上記の費用とは別に、ここでは、野外での新入社員研修を実施する上で、その他にかかる費用についてお伝えしていきます。

 基本的に野外で新入社員研修を実施する上で、研修費、ファシリテーター費、その他にかかる費用は施設までの交通費と宿泊費(1泊2日以上の場合)のみです。

 参考程度ですが、私たちの所有する野外研修施設(マーヴェラスアドベンチャー那須)を例に、その他かかる費用の概算をお伝えすると、交通費としては施設が栃木県那須にあるため東京からのアクセスは主に新幹線(最寄り駅は那須塩原駅)または車になります。

 大人数での研修の場合は車での乗り合い、またはバスで来られる方が多いです。また、新幹線でお越しの方は、駅まで来て、ホテルに宿泊する場合は駅からバスで無料送迎してくれるホテルもあります。

 宿泊費に関しては、栃木県那須は観光地のためコテージのような割安宿や合宿所、ホテルまで様々なクラスの宿泊所があり、最安値は1泊5,000円程度から、平均的には8,000円から1万円程度で宿泊可能です。(※ただし、宿泊所や時期によって変動あり)

 私たちの施設の場合はありませんが、施設によっては宿泊施設を併設している施設もあるため、宿泊での研修を考えている場合は一度施設側に問い合わせてみると安く済む場合があります。

 野外で学ぶ新入社員研修の料金と費用については以上となります。
今回の記事はいかがでしたか?

研修実績(企業一例)企業・団体を中心に、100社以上延べ1万人超の実績があります。

MARVELLOUS ADVENTURE Nasu