マガジン

Magazine

『野外研修』と『室内研修』 の研修効果を比較する3つのポイント

2019.05.08

ブログ

MARVELLOUS LABO Inc.

あなたは「野外研修」と「室内研修」のどちらが学習効果が高いと思いますか?

 私たちは『やはり野外の方が効果が高いですか?』と企業研修の担当者から質問を頂きます。

 この質問のように、あなたの会社に最適な研修を選ぶうえで、それぞれの研修に対する正しい知識を得ておくことは非常に重要です。なぜなら、人気のある研修や知り合いの口コミをもとに研修を選んだとしても、あなたの会社の研修目的に適していなければ、それは予算をドブに捨てることになるからです。

 そこで、この記事では野外研修の効果と室内研修の効果の違いを3つのポイントから比較し、さらに、あなたの会社に最適な研修の選び方についてお伝えしていきます。

『野外研修』と『室内研修』を比較する3つのポイント!

1. 各研修の種類と特徴
2. 学習効果の違い
3. 講師の違い

比較1.各研修の種類と特徴

 「野外研修」と「室内研修」を比較する際に、まずはそれぞれの研修の種類と特徴について理解することが重要です。

<「野外研修」のメリット・デメリット>


 一般的に「野外研修」とは、野外体験アクティビティを使った体験型研修を指します。私たちの研修を例にとると、栃木県那須の豊かな自然環境の中に立木や丸太・ロープなどを使って設置された、一見不可能と思われる冒険コースを用います。

 冒険コースのチャレンジには、日常業務でも必要不可欠なチャレンジ精神、課題達成力、チームワーク、やり抜く力など人間力が必要なものばかりです。そのため参加者は、冒険コースでの体験を通して人として成長。それに加え、講師が丁寧に研修での体験を日常業務と結びつけて振り返りをしていくため「ただ体験しただけで、終わってしまった!」という心配はありません。

 また、他社の提供する野外研修の例では、キャンプや自然体験など協同作業を参加者全体で行うことでチームワークや主体性を育むものもあります。

 以上のように、メリットの多い野外研修ですが、野外アクティビティの中にはチーム協同で課題を達するワークもあるため、原則、必要最低人数が8名からと複数名での研修参加が必要です。(※ただ、研修目的によっては例外のケースもあります。)

<「室内研修」のメリット・デメリット>


 一方で、「室内研修」は2種類あり、会議室などで行われる講義形式でのセミナー研修が一般的です。このタイプの研修では、講師による知識の伝達が中心のため、たくさんの情報を一度にインプットできるという利点があります。

 また、研修会社によってはケーススタディを取り扱うケースも多いため、参加者は研修で学んだ知識を現場で応用するイメージ付けを行う事ができます。ただし、セミナータイプの場合、講師の質により、参加者の参加度合いが大きく左右されるため注意が必要です。

 しかし、もう一方で、室内研修はセミナー形式での研修の他に、私たちが提供するような室内での体験ワークを扱う体験型研修もあります。

 私たちが行う体験型での室内研修は、チームワークやリーダーシップなど、学習テーマに合わせた体験ワークを扱うことで、野外研修と同様、体験から学習する方法です。

このタイプの室内研修のメリットは参加者が体験を通じて教訓を得ることができるため、野外研修と同様の研修効果が期待できます。

 ただし、こちらも原則、最低人数が8名からとなりますので、社内で一部の人のみ研修に行かせる場合は不向きです。

比較2.学習スタイル

 さて、ここからが本題です。それぞれの学習効果の差を理解するためには、アメリカ国立訓練研究所のラーニング・ピラミッドが最適です。

 上記の図からわかる通り、ラーニング・ピラミッドによると、一般的な「室内研修」であるセミナー形式の研修では、講師による話を聞くだけですと学習定着率は5~10%。グループ討論を含む形で、最大でも学習定着率は50%にとどまります。

 一方で、体験型研修による学習定着率はなんと、75%。実に、セミナー形式による研修に比べ、学習効果は1.5倍~7倍近くにも及ぶ結果となっています。つまり、野外研修をはじめとした体験型研修の場合は、体験を通して学ぶため、研修後も学んだ教訓を社員が忘れにくく、現場に活かされやすいのです。

 しかし、セミナー形式の研修の場合ですと、どんなにいい知識を得たとしても基本的に、社員は翌日にはすっかり学んだことを忘れてしまう危険性が高いため注意が必要なのです。

 そのため、研修後の行動変容、学習内容の定着をお考えであれば「野外研修」を始めとした体験型研修をオススメ致します。一方で、セミナー形式の研修であっても、新しい知識を得ることが目的であったり、体験をベースに学ぶことのできないテーマのものである場合には、学習効果を上げる工夫をしてセミナー研修を導入することが大切です。

学習効果の比較結果
野外研修>室内研修(セミナー研修)

ただし、野外研修=室内研修(体験型研修)

比較3.講師の違い


 「野外研修」と「室内研修」を比較する際にもう1つ重要な点があります。それは、講師の経歴の違いです。
 一般的に、野外研修を担当している講師は、アウトドア好きが多く、体験学習を専門として扱ってはいるもののプロフィールの経歴を見てもビジネス現場での経験が乏しい講師が多いのが現状です。そのため、講師によっては野外研修から得られる体験とビジネス現場での結びつけを上手く行えず、「ただの体験で終わってしまった・・・」という声を聞くことも少なくありません。

 一方で、室内研修を担当している講師の多くは、ビジネス経験を積んでから講師業をされる方が多く、現場での実績をもとに抜擢されているケースが多いです。そのため、学習内容がビジネスマンにとっては、日常と結びつきやすく学習内容を応用しやすいという利点があります。

 したがって、私たちの提供する研修の場合は、野外研修、室内研修ともに講師については現場で成果を上げている者のみ抜擢することにしています。野外研修の場合でも、学習内容を受講生がビジネス現場へ活かせるように、体験内容と現場との結びつけを丁寧に振り返りしていくことで、受講生が学習内容を腑に落とす工夫をします。

講師の比較結果
野外研修<室内研修

解決策:あなたの会社に最適な研修の選び方


 以上のように、野外研修と室内研修はどちらも一長一短あります。ただ、最初の質問に戻りますと、「野外研修」と「室内研修」でより学習効果が高いのが野外研修です。そのため、あなたの研修目的が社員の意識改革や行動改革など具体的な成果を目的としている場合は野外研修を始めとした体験型研修をオススメ致します。

 ただし、野外研修を導入する際は、「ただの体験で終わってしまった」ということがないよう、講師選びに配慮し、体験内容をどのように現場とリンクさせているのか?を施設側へ尋ねることが大切です。

 また、社員に対する新しい知識や少人数のみ研修に行かせることをお考えであれば、学習効果を高めるために工夫して導入されるといいと思います。

 今回の記事はいかがでしたか?
野外研修をはじめとする体験型研修について詳しく知りたい方は以下の記事も合わせてお読み下さい。
社員研修で注目される体験型研修の秘密とは?
(種類・特徴・効果別比較)

▶マーヴェラスラボが実施する企業研修プログラムに興味のある方は以下のページをご覧ください。
あなたの組織が10倍強くなる体験型研修の秘密

MARVELLOUS LABO Inc.

広報

人を変えるためには、感情を動かす大きなインパクトが必要だ。 組織を変えるためには、組織を動かす大きなインパクトが必要だ。 私たちは「インパクトがない学びなど捨ててしまえ」と思っている。 なぜなら、忘れてしまうから。元に戻ってしまうから。 変わらざるをえないほどの圧倒的インパクトがある「体感」を与え、後戻りができないほどの変革をもたらす。 そこに徹底的にこだわり抜いた、人財育成と組織開発(Leadership&TeamBuilding)のプロフェッショナル集団。 それが、マーヴェラスラボです。

Masaaki Sakamoto

代表取締役会長/主席トレーナー

人財育成家、慈善活動家。
専門分野はリーダーシップ開発、組織開発。ビジネスマン、トップアスリート、オリンピック選手などのべ5万人以上の指導実績を持つ。人の能力を最大限に引き出す型破りな育成手法により、業界・職種を問わず、あらゆる人と組織に変革をもたらす。
「無名のアスリートを世界大会金メダル獲得、オリンピック出場に導く」「中小企業を100億円企業に育てる」「少年院に出入りする非行少年少女・親子1000人以上の問題解決を行う」「数多くの企業や経営者を成功に導く」など、多方面で実績を残し、各界からの信頼も厚い。
2016年、世界最高峰の教育手法を持って、人と組織における教育のニュースタンダードを打ち立てるべく、マーヴェラスラボを設立。
【主な受賞歴】
・青年版国民栄誉賞「人間力大賞」受賞
・人間力大賞 準グランプリ受賞
・文部科学大臣奨励賞受賞
・衆議院議長奨励賞受賞
・社会貢献者表彰受賞

Yuichiro Toyama

代表取締役社長/トレーナー

1992年愛知県生まれ。横浜国立大学教育人間科学部卒。
大学では開発学を専攻。カンボジア・フィリピンなど途上国におけるトップダウン社会の仕組みを目の当たりにする中で、根本的な問題解決のためにリーダー教育に強い関心を持つ。その中で人材教育を行っていた坂元と出会い、坂元が行っていた体感研修を通して、人が行動変容していくのを何度も目の当たりにする中で「人材教育で、人は必ず良くなれる」ということを確信。リーダー教育において自分が求めていたものと一致していることに感銘を受ける。
大学卒業と同時に坂元から誘いを受け、マーヴェラスラボの創業メンバーとなる。
入社後すぐに任された石垣島の研修施設マーヴェラスプレジャーの立ち上げでは、ダイビングと人材教育を組み合わせた新しい価値創出が全国のクライアントから圧倒的支持を受け、オープンから半年足らずで大手レジャーサイトで軒並みランキング1位を獲得。オープンから僅か1年で石垣島No.1のマリンショップに育て上げた。
その後、マーヴェラスラボ経営本部マーケティング責任者として手腕を発揮。2018年以降、新サービスの開発に携わってきた。
2019年、株式会社マーヴェラスラボ代表取締役社長に就任。

David Dongchul Bae

取締役CVO

1964年韓国生まれ。
韓国・中国・日本で7社を経営、グローバル人材育成研究、ビジネスマッチング、経営コンサルティングのプロフェッショナル。
1983年に渡米しクラーク大学・大学院にて経営修士号(MBA)を取得、帰国後に韓国空軍将校として勤務。
その後は旅行産業界にてトップコンサルタントとして活躍し、2000年、日本に「韓流ブーム」を巻き起こし、日本人観光客数を6割増加させて観光産業発展に寄与。観光業界振興と外貨獲得に貢献し、35歳の時に韓国最年少の企業家として金大中大統領から大統領賞を受賞した。
また、サムソン電子と九州電力とのベンチャー事業立上げに尽力し、日本海に光ケーブルを通しサッカーワールドカップ日韓戦のリアルタイム配信実現にも貢献するなど、日本と深い関わりを持つ。
経営者として手腕を発揮しながら、高校生を無償で受け入れASEANリーダーとして育成する事業にも長年携わるなど、人材育成にも力を入れる。2000年代初頭に韓国民間初の未来予想シンクタンクである「アジア未来人材研究所(Asia Futures HR Institute」を設立。
2010年、THE JAPAN TIMEより「ASIAをリードする次世代100人のCEO」に選任される。日本においてはパソナグループのグローバル戦略顧問などで活躍。
『2030年富の未来図』は韓国でロングセラーとなり、日本では2011年1月発売後Amazon Japanで1位に。2013年10月に中国でリライト版が出版される。日韓中含めたASEAN全体のグローバル戦略顧問を務める。

Shinsuke Matsuda

取締役/トレーナー

シンガーソングライター(ユニバーサルミュージック所属)
株式会社OHANA創業者
株式会社SOUL LOVE代表

1977年、愛知県生まれ。
18歳の時、父親が巨額の借金を抱え家族がバラバラになったのを機に飲食業に飛び込み、10年の修行を経て株式会社OHANAを創業。
愛知県内を中心に飲食業を展開し、2009年「居酒屋甲子園」優勝、2011年度「第5回外食クオリティサービス大賞」全国7848店舗中NO.1受賞、2013年度経済産業省認定「おもてなし経営企業」選出。そのサービス品質・経営品質が高く評価される。
2015年、38歳で年商数十億に育てた事業を後進に譲り、シンガーソングライターに転身。自主制作でリリースされたアルバムがいきなり2,000枚の売り上げを突破。その後、東海ラジオレギュラー・パーソナリティー抜擢、台湾で1万人を動員したフェス『東亞流行音樂節』出演、ユニバーサルミュージックからメジャーデビュー決定など、アーティストとしての夢を次々と実現していく。
これまでに、読売TV『にけつッ!!』タイアップ、 TV東京、フジTV、CBCテレビ、NHK衛星放送に出演等、メディアに登場多数。
2018年にリリースした「桜が咲く頃、交わした約束」は短編映画まで制作され、スペインマドリード国際映画祭にて短編外国語映画最優秀賞を獲得した。

経営者時代から心理学・脳科学を始めとした様々な研修などに自己投資を続け、社内での人財育成にも力を注ぐ。その人材育成手腕が注目され、全国各地で数々の企業の組織開発や研修を実施。これまでに数千人を超えるリーダー育成を手掛けてきた。
代表の坂元とは10数年来の心の友。マーヴェラスラボ発足の経緯とビジョンに深く共感共鳴し、2019年、株式会社マーヴェラスラボ取締役・研修ファシリテーターに就任した。

Akira Katsuyama

社外取締役

株式会社ゴリップ 最高顧問
株式会社WIZAN holdings 代表取締役

1976年、京都府生まれ。23歳で独立して以降、設備関連・輸入販売などさまざまな業態で事業を立ち上げ、商才を発揮。

2005年に株式会社ゴリップを設立。 同年にサムギョプサル専門店「ベジテジや」を創業。以降、 2014年に熟成牛ステーキ専門店「Gottie's BEEF」、牛カツ専門店「京都勝牛」、2016年に肉が旨いカフェ「NICK STOCK」、2017年に肉が旨いパブ 「The NICK STOCK」、天ぷらPUB「勝天-GATTEN-」など立て続けに新業態をオープン。世界、直営/FC含めグループ計100店舗以上を展開し、『2017年度日経MJ店舗売上高伸び率ランキング』でNo.1を獲得した。

既存の概念に捉われない奇抜な販促アイデア・人材登用方法で外食サービス業界を切り開き、資本金100円から100億企業にした「勝山流経営哲学」は大きな注目を浴びており、講演・経営コンサルティング依頼が殺到。TBS「がっちりマンデー!!」、テレビ東京「ガイアの夜明け」ほか、テレビ・経済誌・新聞など数多くのメディアでも特集されている。

Mitsuhiro Ikeda

顧問

医学者、データアナリスト、プロスポーツトレーナー。
学術論文は国内外で53編、学会発表は100回以上にのぼり、優秀論文賞、テンセル大賞、スミセイ財団賞を受賞するなど、国内外問わず評価は高い。2017年、ノーベル化学賞受賞候補の共同研究者としても名を連ねる。
その高い分析力と多面的な知見からのアプローチ手法が評判を呼び、数多くの大手企業や自治体から監修依頼が殺到。
行動分析とデータベースを活かした人財配置、社内においての次世代リーダー育成システム構築、社員の健康管理コンサルによる医療費削減など、組織が抱える人財の課題に対しての高い解決力を持つ。これまで携わってきた業界・業種の組み合わせは1,000以上にも渡り、データベースは45万人以上。
共通の知人を通してマーヴェラスラボ創業者の坂元と出会い、坂元の人財育成手法やビジョンに強く共感。自身が企業人・アスリートなど多くの人財の特性分析に携わったノウハウを人財育成に活かしたいという想いから、マーヴェラスラボ顧問に就任した。

マーヴェラスラボでは、各プログラムの監修や人財の分析評価システム構築を行ってきた。また、分析と学術解析の観点を存分に活かし、日本国内外のリーダーシップを研究するプロジェクトを立ち上げ、日本初のリーダーに関する学問体系「リーダー学」を構築した。
主な著書に「『食べる時間』ダイエット」「身体改造法(共著)」「歩くとやせる(共著)」「乳幼児の歩きと走り動作の発達(共著)」など多数。

Yuki Hoshi

チーフトレーナー/クリエイティブディレクター

研修事業の運営において、企画から当日の設営スタッフマネジメントなどを担う責任者。また、アドベンチャー那須の安全管理、施設メンテナンス管理の責任者も兼任している。

Tetsuji Takiyama

トレーナー

3万人の組織を束ねたセールストレーナー、人財育成家。
これまで、創業者の坂元から人財育成を学びながら自身の組織を中心に育成・指導し、延べ1万人以上に体感研修などのトレーニングを提供。
「研修後、新規販売で初月から月間売上5千万円超え」など、現場で結果を出す営業マンを数多く輩出してきた。

Takao Aigase

トレーナー

沖縄県石垣島の「マーヴェラスプレジャー」における海洋研修・社員旅行事業責任者。ダイビングを使った世界初の人財育成コンテンツを筆頭に、マリンレジャーと人財育成の普及活動を行っている。

Yurie Akabane

コンサルタント

学校向け教育事業コンサルタント。これまでに駿台学園高等学校女子バレー部や筑波大学附属坂戸高校など、学校行事や部活動においてのプロジェクトアドベンチャー導入のサポートを行ってきた。

Mai Nagayama

経営企画/トレーナー/コンサルタント

企業向けコンサルティングサービス・研修事業コンサルタント。前職で都内大手銀行に勤め、支店長代理職を経験。個人営業・本部企画・セミナー講師など多岐に渡る業務に携わる。現在は、前職のキャリアを活かし、経営企画室でのプロジェクトマネージャーとコンサルタントを兼任。JR東日本やゼスプリインターナショナルジャパン、Plan Do Seeなど大手企業の担当コンサルタントとして組織課題解決に携わってきた。

Koharu Hidaka

営業企画/トレーナー/コンサルタント

企業向けコンサルティングサービス・研修事業コンサルタント。これまで、飲食店をはじめとしたいくつかの会社経営に携わり、100名以上のマネジメントや社員育成を経験。現在は、これまでの経験を活かし、営業企画とコンサルタントを兼任。NTTデータをはじめとした大手企業から中小企業の経営者コンサルティングまで、幅広い組織に対して問題解決に携わってきた。

Prev

一覧に戻る

Next